継続課金に便利な「ワンタッチ決済」サービスに追加機能を搭載

2014/04/02
  • ニュースリリース

 クレジットカード決済代行サービスをはじめとした、各種オンライン決済代行を提供する株式会社インターネットペイメントサービス(会社所在地:東京都品川区、代表取締役:朝田篤、以下「IPS」)は、現在提供している「ワンタッチ決済」サービスを、この度、大幅に機能強化いたしました。

追加された機能
ワンタッチ処理による以下の書き換え

・ 店舗オーダー番号(再課金用のキーとして会員番号が利用されることが多い)
・ 利用者の電話番号 ・利用者のメールアドレス(再課金用のキーとして利用可能)
・ カード番号 ・カード有効期限 ・カード会員名
処理リクエストはゲートウェイ方式(他社でいうAPI方式など)及びそれらを多数まとめて行うバッチ処理。管理画面からのCSV形式リストのアップロードでも可能。

「ワンタッチ決済」とは

 ネットショッピングの際には、繰り返し注文をする場合にもその都度利用者がクレジットカード情報を入力することが必要とされておりましたが、IPSの「ワンタッチ決済」サービスを利用すれば、同ショップでの二回目以降の購入時にカード情報の入力を省くことができます。
 IPSのワンタッチ決済は利用者による操作からだけでなく、加盟店(ショップオーナー)による操作でも課金が可能です。これにより、通信事業などの従量制の定期課金であっても、カード情報を保持せずに運用が可能です。

追加機能の目的

  しかしながら、繰り返しの課金中に有効期間を迎えた場合、新たなカード情報の入力が必要となり、利用者へ二度手間がかかるという問題がありました。
 継続課金の場合は、初回の決済(または有効性チェックによるカード情報登録)時に「管理上利用される会員番号が決定できない」等の理由で定期的な課金のために本来必要のない「独自の管理番号」を会員データベースに保持し、毎回の課金時には課金リストと付け合わせるといった一手間が必要となるケースがあり、これにかかる手間は問題視されていました。これらの問題を一挙に解決し、加盟店様と利用者に強いられていたお手間を軽減する事が、この度の機能追加の目的です。

 IPSは今後もクレジットカード決済をはじめとして、加盟店様にとってより利便性の高いサービスを開発して参ります。

 

以上

 

次の記事
「Heart bleed(ハートブリード)」のリスク箇所不検出のご報告
前の記事
損害保険代理店資格を取得いたしました!
今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。