割賦債権

割賦債権とは

割賦債権分割販売に付随する給付返還請求権利を指す。一括販売ではなく分割による販売では、商品代金を完済するまで商品の所有権は販売者が持つ。中途解約はできず、原則として頭金が必要であり、商品管理も購入者が行う。

割賦債権の詳細

割賦債権の概要銀行などの金融機関からの借り入れに比べて資金調達が容易であり、手続きも簡略化されている。商品の分割返済が完了するまでの資金負担を平準化することが可能であり、返済計画の立案を容易にできる。売主との交渉し、通常5年以内を目処に返済期間を自分で設定でき、保険料や購入資金を借り入れる金融機関も、金利などの返済条件で自由に選択可能である。商品代金完済までに支払う利息と減価償却費、保険料は、損金として計上することができるので、税制面で有利である。同じように分割で料金を支払うリースやレンタルと異なり、分割支払いが完了すると、商品の所有権は売主から移転され買主が所有することになり、商品を資産として残せる。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。