包括加盟(方式の)契約

包括加盟(方式の)契約とは

包括加盟方式は、直接加盟方式や包括代理方式と違い、店子(テナント)がアクワイアラと契約せず、その店子(テナント)が出店しているモールがアクワイアラと事前に契約しておく事で、アクワイアラが簡易な確認のみで店子(テナント)でカード決済を行う事ができる契約です。

この方式は、実在するショッピングモールとその店子(テナント)にも、仮想的に存在するオンラインそっピングモールとその店子(テナント)のいずれにも適用されます。

それぞれの立場からのメリットとデメリット

店子(テナント)にとってのメリット

  • 簡易にカード決済を開始できる

店子(テナント)にとってのデメリット

  • アクワイアラとの契約関係がなく、手数料等の諸費用に対する交渉ができない
  • 他の店子(テナント)が加盟店規約などに違反した場合、利用できなくなるおそれがある

モール運営事業者にとってのメリット

  • モールそのもののサービス・出店価値の向上

モール運営事業者にとってのデメリット

  • 契約上、店子(テナント)の途上与信管理が必要
  • 店子(テナント)が加盟店規約などに違反した場合、モール全体でカード利用できなくなるおそれがある

その他の契約方式

その他2通りの契約方式の詳細については、以下をご参照下さい。

この項目に関連するサービス

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。