CAT

CATとは

CATはCredit Authorization Terminal(信用照会端末)の略。クレジット加盟店で、決済時に使用されたカードが有効なものであるかを確認するため、その情報をセンターへ送り問題なければそのまま会計する端末である。

CATの定義

CATはもともと国内独自の規格でNTTデータが運営するネットワーク(CAFIS)を経由して信用照会を行っていたが、国際規格に合わせる為クレジットカード情報処理センタ(INFOX・カードネット等)を経由するようになった。このような端末をCCTと呼ぶが、接続先は変わらないため、据え置き型のクレジット端末機を総称してCAT端末と呼んでいる。

CATの活用例

CATでのクレジットカード決済は非常に簡素化され店舗の手間はほとんどなくなっている。現在は書店や美容室、飲食店など非常に多くのお店でカードでの決済を取り扱っており、利用者は現金以外での精算手段を得られるだけでなく、多人数での決済を一括に行えてクレジットによるポイントも得られるなど様々なメリットがある。

CATの可能性

CAT導入により現金を直接取り扱う機会が減ると、様々なメリットがあるといえる。犯罪などのトラブルの回避はもちろんのこと、金銭授受時のミスを減らすことが出来、売り上げの管理なども現金を数える必要がなくなるのでその分簡易化される。

当社がご案内できるCAT

数多くのCATを取り扱っています。詳しくはこちらをご覧ください。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。