ブラックカード

ブラックカードとは

ブラックカードとは、クレジットカードのランクで最上位に位置するものの通称である。カードの色が黒いことからブラックカードと呼ばれており、正式にはアメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカードを指す。広義では、他のカード会社数社が発行している最上位のクレジットカードもこれに当たる。

ブラックカードのはじまり

ブラックカードは、アメリカン・エキスプレスが1999年からアメリカで発行した、最もグレードの高いセンチュリオンカードの通称で、日本では2002年から発行されている。これがブラックかプラチナかの分類は人によって意見の分かれるところではある。

日本で手に入るブラックカードの種類

超富裕層向けの最高峰のクレジットカードは他社でも発行されており、ブラックカードと呼ばれている日本で入手可能なものは、ダイナースクラブのプレミアムカード、マスターカードのワールドマスターカード、スルガ銀行のVISA Infiniteカード、JCBのザ・クラスカードである。

ブラックカードを手に入れるには

入手するにはカード会社からのインビテーション(招待)が必要で、一般から申し込めるものではない。
年収や、それまでのカードの利用額や支払状況が良好であるなどして選ばれた人だけが持てるカードであるため、積極的に大きな金額の買い物にクレジットカードを用いる事で、入手の可能性を高めることは出来そうだ。

ブラックカードの年会費と限度額

年会費が数十万円といったランクである。もちろん贅沢な特典の数々が利用可能。利用限度額は個人ごとに設定されていると言われるが、実質は青天井のようなものだろう。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。