全国のコンビニ店で前払い/後払いとも手続きができ、幅広い利用者から支持されている決済方法です。

コンビニエンスストアのイメージ

こんなとき特に便利

販売している商品のターゲットの若年層である場合や、特定の年齢層や性別ではクレジットカード決済が好まれない場合もあります。そんな時に活躍するのがこの「コンビニ決済」です。

ケース別のソリューション

コンビニ・銀行での翌月払い決済「Paidy(ペイディー)」を導入したい

新しいタイプの「翌月払い決済」です。クレジットカード決済と同程度の手数料のみ(初期・月次・トランザクションフィーなし)で、回収の可否に関わらず入金が保証されます。

消費者にとっても「すぐに発送してもらえる」「支払までに猶予がある」といったメリットがあり、急激に支持を集めています。

コンビニ・銀行での翌月払い「Paidy(ペイディー)」のページヘ

前払い式のコンビニ決済を導入したい

一般的に広く使われている「コンビニ決済」が、この「前払い式のコンビニ決済」です。
手続きは簡単で、申込時に発行される決済用のIDをコンビニ店端末の案内に従って入力し、出力されるレシートを持ってレジで支払うだけです。(一部では直接レジでIDを伝える)。
もし生活圏にコンビニがない場合は、銀行などのATMからIDを入力して支払うPay-easy(ペイジー)も使えます。

前払い式コンビニ決済のページヘ

後払い式のコンビニ決済を導入したい

近年、利用者からの根強い支持を集めいているのがこの「後払い式のコンビニ決済」です。
前払い式と違い、注文が成立すれば即時商品の発送が可能であるため、早めの到着を望む利用者の他に、特に女性向けの検討食品やコスメの販売サイトで大きなシェアを得ています。
後払いという特性上、未払いや期日経過などのリスクが考えられますが、審査を通過させた以上、督促や回収はネットプロテクション社が行い、加盟店様に労力がかかることはなく、売上金の支払いも保証されます。

後払い式コンビニ決済のページヘ

どちらを選ぶべき?

サイト規模とユーザー属性によって使い分けるべきですが、手数料を第一に考えると「前払い式」の方がお得です。
「前払い式」は金額帯ごとに固定の手数料がかかりますが、購入者負担とする事も可能です。

一方で「後払い式」は即時配送できる事が魅力ですが、未収の督促とリスク回避を外部に委託しているようなもので、相応の手数料がかかります。
ただし、ユーザー属性によっては(特に若年層・女性メインの場合)根強い支持を得ており、必須と言えるケースもあります。

詳しくは当社営業にご相談下さい。サイトの特性をお伺いし、最適なものをご提案いたします。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

こんな業種で人気

web通販

「モノ」を売るサイトを「web通販」と定義します