カード決済システムの仕組みを教えて!

クレジットカード決済代行システムの仕組み

決済システムの仕組みについて、決済処理の流れと併せて簡単に説明します。

1.加盟店からの決済要求を受付ける

カード利用者が加盟店様サイト(または、決済代行会社の提供する決済フォーム)でクレジットカード支払いを行ない、決済システムにはその要求が送られます。

2.決済センターへのデータ送信

入力した決済情報は決済代行会社を経由し、決済センターへ即時に与信照会(または売上処理)を行い、結果を返却します。加盟店様は処理結果により、商品出荷、サービス提供を行います。 これら一連の処理には、IDS/IPSによる、OS・Webサーバレベルの防御や、Webアプリケーションへの攻撃を防ぐWAFなどの設備が必要です。

3.運用中に日々発生する処理

日々の取引情報の管理を行います。商品の確保に応じて与信(オーソリ)を売上処理したり、注文の取消処理を受け付け、決済センターへデータの送信をします。

4.処理済みデータの保全と活用

取引情報(カード会員番号《PAN:Primary Account Number》やカード有効期限・電話番号等の個人情報)を利用し、利用者に対するサポートや、定期課金、再取引機能(ワンタッチ決済)を行います。 特にカード会員番号と有効期限は「センシティブな個人情報」と位置付けられ、適切な運用ルールとシステムで管理されている必要があります。当社のような決済代行会社を利用する場合、それらの情報は決済代行会社のサーバーに保存される為、加盟店様からの情報漏えいのリスクは大幅に軽減されます。(当社は国際クレジットカードブランド5社が制定したPCIDSSというセキュリテイ基準に準拠しています)

上記カード決済システムを、加盟店様が構築する事は、時間や人材のコスト、専用のソフトウェアやハードウェアへの投資は決して安価と言える規模ではありません。
そのため、多くの企業様に決済代行会社の決済システムをご利用いただいています。

これまでも数ある加盟店の皆様にご好評頂いている当社カード決済システムを、引き続きご愛顧いただけますと幸いです。

クレジットカード決済とは?

IPSの決済サービス一覧はこちら

当社、決済システムとの接続、連動、連携方法(技術者・開発者向け)

オンラインクレジットのFAQ

 
今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。