当社の提供する多通貨決済は、海外の利用者が自国の通貨でクレジットカード決済できるサービスです。利用者には外貨両替の負担や請求金額変動のリスクがかかることがなく、購入障壁を引き下げることができます。

多通貨決済が求められる背景

2020年の東京オリンピック開催に向けて今後も訪日外国人は増加の見込みです。
訪日外国人にとってサービス、製品とも「ジャパン・クオリティ」は注目されており、伝統工芸品やアニメ関連グッズなどを中心に海外市場向けの展開をする企業も増えています。

選択出来る通貨

米ドル(USD)
英ポンド(GBP)
ユーロ(EUR)
タイバーツ(THB)
他ご相談ください

多通貨決済の活用例

原則として当社決済サービスのご提供は、日本の顧客へ商品/サービスを提供する海外法人様と、海外の顧客へ商品/サービスを提供する日本の法人様のいずれかに限らせていただいております。着金通貨にも選択肢がございますので営業担当までご相談ください。

多言語決済フォームの活用イメージ

ご契約後、当社から通貨毎の加盟店番号をお送りいたしますので、仕様書に従ってシステム接続を行ってください。通貨によって大きく使い方は変わりませんが、すべての外貨建て決済は小数点以下の金額指定が必要なのでご注意ください。
当社では英語と中国語の決済フォームもご用意しています。詳しくは多言語フォームをご覧ください。

多言語決済フォームの導入方法

1. 審査

審査ご依頼時に当社担当営業まで「多通貨決済」をご利用希望の旨をお伝え下さい。

通貨ごとにそれぞれ基準や期間が異なります。
詳しくは当社担当営業までお問い合わせください。

2. オプション費用

多通貨決済のご利用に、特にオプション料金はかかりません。

3. ご利用の開始

多通貨決済の利用について、ご契約後に当社から加盟店番号をお送りいたします。
特別な接続やプログラムファイルを作成いただく必要はありません。
ただし、すべての外貨建て決済は小数点以下の金額指定が必要になります。
予めご了承ください。

 
今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

よく一緒に使われる機能

多言語決済フォーム

海外消費者に、現地語の決済フォームを表示します

こんな業種で人気

web通販

インターネット上で「モノ」を売る事を「web通販」と呼びます

越境EC

日本から海外に向けて、国境を越えるeコマース