最もポピュラーな決済であり、後日リピートや定期課金があるような場合でも必ず最初に一回、この「都度決済」を行う・・・というように、全ての課金形態の基礎となるものです。
ここでは「その時の注文内容通りの金額」を決済するものについて説明します。

こんなとき特に便利

オンラインショッピングの都度注文はもちろん、自動継続課金であっても初回はこの「都度決済」がと同じ手続き行われます。
オンラインでの基本形は、金額などの情報を決済フォームにカード情報を入力するか当社APIに送信頂く事で、注文内容に沿った決済を都度行います。

また、ハガキなどで収集したクレジットカード情報(※)を、一件ずつコントロールパネルの「バーチャル端末」という決済フォームで決済する事ができます。

都度決済の活用例

オンラインで使える事はもちろん、オフラインで集めたカード情報をオンラインで活用する事も可能です。

一度に大量の決済処理をしたい場合は、オプションである「csvアップロード」を使うか、当社APIへ順にデータを送信いただくプログラムを作成いただく事で実行できます。
これにより、仮にカード情報を保持していた場合※でも容易に非保持型の運用に切り替える事ができます。(※・・・あらゆる形態でカード情報の保持は非推奨です。)

CSV都度課金のページヘ

オンラインからの活用イメージ

オンラインで都度決済をする際に、加盟店様が行う接続開発の一例です。(※画像はクリックかタップで拡大)

当社では、決済フォームに〈a〉タグないし〈form〉タグでHTTP GETまたはPOST形式で必要データを送信しつつ利用者を遷移させますて決済する方式を「リンク方式」と呼びます。
対して、加盟店様サイトに決済フォームを設け、当社APIに対しリクエスト送信する接続方式を「ゲートウェイ方式」と呼びます。

会員制サイトでの、オンラインからの都度決済活用イメージ

自動継続課金や、ワンタッチ決済をご利用いただく場合でも、ユーザーの初回登録手続きがオンラインであれば、リンク方式と同様の開発が必要です。
なお、コンビニ決済などのクレジット決済意外のツールも同様の接続方法が利用できます。

オフラインで集めたカード情報の
活用イメージ

ハガキや書面などの「オフライン」で集めたカード情報を、当社決済システムで処理するイメージです。
なお、カード情報の継続的な保持はいかなる場合でも非推奨です

オフラインで集めたカード情報をオンラインで活用するイメージ

オンライン決済システムへデータを取り込む際に、自動課金登録する事や、後日継続的にワンタッチ決済を続ける事で月額会費やオートシップ料金の徴収にも活用できます。
なお本フローはクレジット決済独自のものです。
なお、コンビニ決済などのクレジット決済意外のツールも同様の接続方法が利用できます。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

こんな業種で人気

web通販

インターネット上で「モノ」を売る事を「web通販」と呼びます

書面申込

FAXや郵送で申込書を送る、非対面の取引形態

コンテンツ配信

電子文書や動画など「モノ」として実在しない商材の販売

訪問型サービス

宅配サービスや、現地で行うサービスをクレジット決済します

セミナー・イベント

講義やイベントの参加費を事前課金、現地でのアップセルにも

海外向け販売

日本から海外に向けて、国境を越えるオンライン販売

eラーニング

動画や音声チャットを使ったオンライン学習サービス

ホテル予約

オンラインでのホテル等の施設を事前予約