CSV都度課金

こんなとき特に便利

多数クレジットカードに対する決済処理を一括で行うことで、加盟店様の事務処理負担の軽減と、カード情報の非保持化にお役立ていただけます。
プログラムファイルを作る事なく、PCとExcelなどの表計算ソフト(CSVファイルが書き出せるもの)があれば、簡単に利用できるのも強みです。

CSV都度課金の活用例

かつて毎回課金額が異なる従量課金制のサービスをクレジット課金するには、カード情報を保持しなければ難しいと言われてきました。
しかし現在ではその必要もなく、当社のように多彩なインターフェイスでカード情報を受け付け、その後繰り返し課金できるワンタッチ決済CSVワンタッチ決済が気軽に使えます。
「カード情報を保持する」というリスク含みの決断をする必要は、もうありません。

CSV都度課金の活用イメージ

決済に必要な情報を入力したCSVファイルを当社コントロールパネルにアップロードすることで、オーソリ・仮実同時処理・有効性チェックが行えます。(※画像はクリックかタップで拡大)

会員制サイトでの、電話番号認証の活用イメージ

いずれの処理でも、1年以内であればワンタッチ決済での再課金ができます。

CSV都度課金の導入方法

1. 審査

審査ご依頼時に当社担当営業まで「CSV都度決済」をご利用希望の旨をお伝え下さい。
審査はクレジットの加盟のために行われ、特に本機能利用のために独自の審査をしたり、必要書類が追加される事はありません。

2. オプション費用

月額5,000円(税別)※でご利用いただけます。
(※・・・CSV都度決済、CSVワンタッチ決済、CSVダウンロードのうち、いずれかご利用で)

3. ご利用の開始

CSV都度決済の利用について、特別な接続やプログラムファイルを作成いただく必要はありません。
当社からお送りする仕様書・マニュアルに沿ってご利用ください。
カード情報の非保持化が目的の場合は、当社営業担当にその旨をお伝え下さい。適切な方法をアドバイスいたします。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

こんな業種で人気

書面申込

FAXや郵送で申込書を送る、非対面の取引形態

オートシップ・頒布会

「モノ」を定期的に買ってもらうビジネスモデル

月額会費・定期課金

「モノ」に限らず定期的、継続的に課金してサービスするモデル

コンテンツ配信

電子文書や動画など「モノ」として実在しない商材の販売

セミナー・イベント

講義やイベントの参加費を事前課金、現地でのアップセルにも

eラーニング

動画や音声チャットを使ったオンライン学習サービス