入力されたクレジットカード情報の有効性を確認するには、いくつかの方法があります。

当然、実際にオーソリや売上処理する事も一つの方法ですが、例えば会員登録時などの「まだ、すぐに課金したくない」状態で、有効性だけは確認しておきたいケースもあります。

当社決済システムの「有効性チェック」は、そのような場合に最適な機能です。
ブランドデビットやプリペイドカードにオーソリをした場合「一旦残高が引き落とされ、返金の反映に時間がかかる」という問題がありますが、有効性チェックを使えば、そのような問題は起きません。
また、有効性チェック済のカード情報を参照してワンタッチ決済をかけ、実際の課金や継続的な課金につなげていく事も可能です。

有効性チェックの活用例

有効性チェックは、既に多くのオンラインサービスで活用されています。

スマートフォンの個人アカウント(iOSのApple IDやAndroidのGoogle Playストア)にクレジットカード情報を登録する際や、小さな単価の商品を繰り返し購入するようなwebサービスが代表的で、見た事がある方も多いでしょう。このように、消費者による申込手続を簡単にする事で、コンバージョン(成約率)や継続率、顧客平均単価を引き上げる効果を実感いただける筈です。

有効性チェックの活用イメージ

有効性チェックの利用イメージは、以下の通りです。本イメージ図はリンク方式とGateway方式共通の「job」フィールドの使い方の説明です。基本的な概念は都度決済のページをご覧ください。

有効性チェック(ほか)の活用イメージ

システムの設計時に意識する程度で、特に運用が変化する事はありません。

電話番号認証の導入方法

1. 審査

本機能は標準機能です。但し、一部の接続先では利用できません。
審査依頼時には、営業担当まで「有効性チェック」利用希望の旨をお知らせ下さい。

2. お申込み手続き

クレジット決済ご契約時に準じます。必要書類は以下の通りです。
・契約申込書 ・登記簿謄本(個人契約の場合は不要) ・印鑑証明書
・代表者様身分証明書 ・振込先金融機関の通帳コピー ・預金口座振替依頼書

3. オプション費用

標準機能ではありますが、原則として1件¥10程度の処理料をいただきます。

4. ご利用の開始

アカウント発行済みで、初期費用のご入金をいただければ、すぐにご利用いただけます。
※一部接続先カード会社ではご利用いただけない場合があります。ご利用希望の際は事前に営業担当までその旨ご相談下さい。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

よく一緒に使われる機能

セキュリティ

サイトご利用者様のご安心のため、当社がやっていること

本人認証機能

セキュリティコード等、本人以外知ることが難しい情報を認証します

こんな業種で人気

web通販

インターネット上で「モノ」を売る事を「web通販」と呼びます

オートシップ・頒布会

「モノ」を定期的に買ってもらうビジネスモデル

月額会費・定期課金

「モノ」に限らず定期的、継続的に課金してサービスするモデル

コンテンツ配信

電子文書や動画など「モノ」として実在しない商材の販売

セミナー・イベント

講義やイベントの参加費を事前課金、現地でのアップセルにも

海外向け販売

日本から海外に向けて、国境を越えるオンライン販売

eラーニング

動画や音声チャットを使ったオンライン学習サービス

ホテル予約

オンラインでのホテル等の施設を事前予約