こんなとき特に便利

当社の自動継続課金は、お手間の少なさ、サイクルのバリエーション、離脱の軽減率が業界No.1!

サイクルや金額が一定なサービスであれば、自動継続課金の登録から解除まで、完全自動化された運用が可能です。

クレジットカードによる
自動継続課金が誕生した背景

従来からこの分野は「口座振替」が広くもい要られてきました。

確かに「費用が安い」という利点がありますが、口座登録から初回引落しまで最短で2ヶ月程度を要することや、残高不足などによる失敗をした際に即座に再引き落としができない等の問題がつきものでした。

そのため、多くの定期的なサービスを提供する企業様は引落し失敗の際、翌月分のサービスや物品の提供ができなくなってしまったり、利用者に至急で他の支払い方法を提示するなどの対応をしなければならず、利用者の満足度を保つ事にコストをかけたり、リスクを承知で翌月の一括精算に頼る事しかできませんでした。
(※以降、画像はクリックかタップで拡大)

口座振替の問題点とクレジット自動継続課金の利点

対してクレジット決済は、ショッピング枠を対象に課金を続けるため残高不足で失敗する事がありません。(※)

登録の失敗も即時把握でき、ご面倒な用紙の往復もなく現在は多くの事業会社様からご支持をいただいています。
(※・・・カード利用が停止されてしまう等で、失敗する事もございます)

当社ならではのメリット

課金の確実化で顧客満足度を上げ、離脱を防止

  • 決済に失敗しても、日を改めて再課金するリトライ機能を標準装備
  • 有効期限の前月に更新案内のメールを自動送信(省略可)

どんな業態、サービスにも対応する柔軟性

  • 指定できる課金サイクルのバリエーションは業界随一
  • 初回と2回目以降の課金額を別途設定でき「初回の優遇」が可能
  • 初回と2回目の課金までの間に任意の「オマケ期間」を付与可能
  • 指定期間・回数の課金が完了したら自動的に停止する設定も可能

あなたのサイトが、すぐに有料会員制サイトになる

  • ID/PW(パスワード)の発行機能と、連動する認証CGIキットを無料提供
  • ID/PWは同一、ランダム、事前登録の3種類
  • IDには、ご利用者さまのメールアドレスを利用できます
  • もちろん、加盟店様独自の認証プログラムとも連動できます

自動継続課金の設定方法

(1.)予め管理画面から自動継続課金タイプの商品を登録し、決済要求時に該当の商品IDを指定。
(2.)金額・サイクル・タイプ等を各種パラメータで指定することで、クレジットカードを自動継続課金の対象として登録。
いずれも、課金日が到達する毎に自動的に指定された金額の決済を行います。

毎月課金のイメージ

なお、前述の「初回の優遇」や「お試し期間」の付与や、初回のみ教材費を足した金額を課金する通信講座やeラーニングのようなご業態にも対応できます。

また、初回登録時に決済を行わない初回無料キャンペーンの実施も可能です。

自動継続課金を停止するには

自動継続課金登録をすると、利用者にはメールで、加盟店様には決済結果として「自動継続課金番号」と「決済番号」が発行されます。
(ID/パスワード型を指定した場合は「ID」と「パスワード」も通知)

利用者は、そのいずれかの組み合わせを当社クレジット決済代行システムの自動継続課金停止フォームへ入力し、認証することにより自動継続課金の停止をする事ができます。

もちろん、管理画面より該当の利用者の課金情報を特定し、手動で停止することや、加盟店様からIPS決済ゲートウェイに対して自動継続課金停止のパラメータの送信(ゲートウェイ方式)を行うことでも停止できます。

自動継続課金の導入方法

1. 審査

本機能は標準機能ではありますが、一部接続先カード会社では利用できない場合があります。審査依頼時には営業担当にオーソリ機能を利用する旨をお伝えください。

2. お申込み手続き

クレジット決済ご契約時の必要書類は以下の通りです。
・契約申込書 ・登記簿謄本(個人契約の場合は不要) ・印鑑証明書
・代表者様身分証明書 ・振込先金融機関の通帳コピー ・預金口座振替依頼書

3. オプション費用

標準機能につき無償です。

4. ご利用の開始

アカウントの発行と初期費用のご入金が確認でき次第、すぐにご利用いただけます。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

こんな業種で人気

オートシップ・頒布会

「モノ」を定期的に買ってもらうビジネスモデル

月額会費・定期課金

「モノ」に限らず定期的、継続的に課金してサービスするモデル

コンテンツ配信

電子文書や動画など「モノ」として実在しない商材の販売