こんなとき特に便利

オンライン・オフライン問わず全ての決済で「オーソリ」がされており、「売上処理」のために必須の仕組みです。多くのネットショップでは、在庫を確認し配送手配が完了するまでこの「オーソリ」状態を続けます。

これは、キャンセルで手数料やトラブルが発生しないために有効です(詳しくは後述)。

ホテル予約時に延泊の可能性やルームサービスの利用を想定し、チェックアウトまでやや多めのオーソリを確保したりする事もあるようです。

なお、わずかな時差でオーソリと売上を立て続けに行う機能を当社では「仮実同時処理」と呼びます。

オーソリの活用例

前述のネットショッピング全般やホテル予約の他にも、オートシップや月額制サービスでも、早めにオーソリを確保し月末の課金に備え、未収金の発生やそれに伴うユーザーの離脱を未然に防ぐ事を目的として活用されている例があります。

ネットショップ全般での
活用イメージ

ネットショップ運営の加盟店様からよくご相談を頂くのが「在庫確定が遅く、キャンセルが多い傾向があり、手間かつ費用を抑えた運用がしたい」というものがあります。
(※画像はクリックかタップで拡大)

オーソリを使わない場合の問題点

商品をの発送が遅れている間は「代金を預かっている状態」になるため、決済のキャンセルを申請するべきですが、その際に手間と処理料がかかる場合が多く、出来れば避けたい事態です。

この問題は在庫の問題だけでなく、ゲームソフト(CD/DVDロム、ダウンロード問わず)などの「予約販売するが発売延期や中止があり得るもの」でも多く発生します。
これらの問題解決として最も効果的なのが「オーソリの活用」です。

オーソリを使わない場合の問題点

このようなご心配は、運用を見直すことで簡単に解決できます。

継続課金の未収率改善に

オートシップ・頒布会やその他月額制サービスなどで「後払い制」の場合でも、事前にオーソリ処理する事で未収リスクを抑制することができます。

キャンセル料の徴収も

ホテル予約などの「利用前キャンセルがあり得るビジネスモデル」では、キャンセル料の徴収も大きな課題です。
キャンセルを受け付けた際に、新たにキャンセル料分のオーソリを取得し、古いオーソリをキャンセルするようなフローをご検討下さい。
フロー見直しご相談も、喜んで承りますのでご気軽にどうぞ。

ご注意

    オーソリは与信として機能するものではありますが、その後の売上を100%保証するものはありません。有効期限もあり、保持期間が長いほど売上の成功率は低下します。予めご了承下さい。

オーソリの導入方法

1. 審査

審査依頼フォームと必要書類(当社営業がご案内します)をメールでお送り頂けましたら、当社審査部がサイト上の販売商品と金額などの情報を確認します。サイトに販売商品の情報が記載されていない場合、またはサイト構築中で確認ができない場合は、別途販売商品の概要をご提出いただくことがございます。

2. オプション費用

「自動課金オプション」は当社クレジット決済代行システムの標準機能で、無料でご利用いただけます。

3. ご利用の開始

審査時にお見せいただいた商品以外のもの(性質が大きく異なるもの)をカード決済にて販売される際は、当社営業担当までご連絡下さい。ご申告が無かった商品を販売しトラブルが発生した場合、契約解除の可能性もございます事を予めご了承下さい。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

こんな業種で人気

web通販

インターネット上で「モノ」を売る事を「web通販」と呼びます

書面申込

FAXや郵送で申込書を送る、非対面の取引形態

訪問型サービス

宅配サービスや、現地で行うサービスをクレジット決済します

セミナー・イベント

講義やイベントの参加費を事前課金、現地でのアップセルにも

海外向け販売

日本から海外に向けて、国境を越えるオンライン販売

ホテル予約

オンラインでのホテル等の施設を事前予約