こんなとき特に便利

書面でカード情報を収集している場合や、自社コールセンターでオペレーターがクレジットカード情報を聞くような運用をしている場合は、クレジットカード情報への非接触化を検討し、漏洩の可能性をゼロに近づける必要があります。

ケース別のソリューション

当社コールセンターを使った非接触化

書面を使ってカード情報を収集している場合は、仲介者と事務員がカード情報を接触することが避けられず、そのうえ蓄積されてしまう危険性があります。
当社コールセンター決済をご利用いただく事で、専門セキュリティ規格に準拠した運用ルールと設備のもと、当社スタッフが安全にカード情報をお預かりすることをできるようになり、非接触化を実現します。

コールセンター決済のページへ

業務フローをオンライン化しての非接触化

もちろん、元々書面で行っていたカード情報の伝達を、完全にオンライン入力する事でも非接触化は実現できます。
法令上、書面による申し込みが必須なビジネスモデルであっても、カード情報の伝達を書面によって行う必要はなく、むしろ避けるべきです。現在の申込みフローを変える事はなかなか大変な事ではありますが、当社営業にご相談いただければ事例をご案内できますので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

都度課金・請求のページへ

既に保持している
カード情報に対する非接触化

当社決済システムは、カード情報をお預かりする機能があり、一度に多量のカード情報を課金せずに(することも可)預けることができます。

クレジットカードの安全な管理のページへ

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。