PCI DSS

当社PCI DSS

PCI DSSとは、クレジットカード情報や決済情報を安全に守るために、国際カードブランド5社により2006年9月に設立されたカード情報保護に関する国際基準です。

プライバシーマーク

Pマーク

当社は財団法人日本情報処理開発協会より、「プライバシーマーク」の認定を取得しております。プライバシーマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、個人情報に関するJIS規格(JISQ15001:2006)に準拠している事業者であることの証です。

決済システムのセキュリティ体制

※画像クリックかタップで拡大 Pマーク

当社決済フォームに入力されたクレジットカード情報(ゲートウェイ型の場合は加盟店サイトのSSLを経由し送信された)は、当社が適切に管理するサーバが決済センター(アクワイアラ)へ送信します。

決済サーバーは24時間365日監視し、障害や不安定な状態を察知した場合は速やかに復帰させます。

外部からの不正進入は、ファイアーウォールにより防止します。

仮に不正アクセスを許したとしても、カード情報などの決済情報はすべて暗号化しており、復元は困難です。

決済時の顧客情報はトランザクション処理のためにのみ利用され、他者に売却・提供されることは決してありません。

クレジットカード不正利用への対策

不正利用データベースでの照合

決済センター(アクワイアラ)への決済要求より前の段階で、不正利用データベースに登録されたカード情報であった場合、独自のエラーコードにより未然に決済を防ぎます。

不正取引履歴の取得・監視

決済時のIPアドレスをモニタリングおよびフィルタリングし、不正取引を監視・防止します。

不正取引履歴パターンの統計

不正利用の傾向をデータベース化し、防止に役立てています。

調査と追求

万が一不正利用が発生した場合、取得したデータを活用して調査・追及いたします。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。