【使ってみた】すぐ開業できる系ネットショップASP

2015/03/20
  • 決済代行コラム ECのツボ

eコマースのツボ#002
 壺の通販に挑戦する、eコマースのツボ第2回です。嘘です。しつこい國藤です。

 2014年度は、先日書いたBASE社の決済領域進出を筆頭に、何かと「すぐできる系ネットショップASP※」が話題になりました。

※ASPとは・・・アプリケーション・サービス・プロバイダーの略。アプリケーションやソフトウェアのサービスを提供する業者。

 ・・・という訳で

    実際に作ってみました!

 今回は、そこで感じた事をまとめます。

どこでお店を開こうか

 まずBASEとstores.jpをほぼ同時に開きました。

余談ですが最近マルチディスプレイにしました。調べ物をしながらコラムが書けて最高です

 まず登録、ですが、ここで私はstores.jpを選びました!(理由は後述)

stores.jp

 完成したのがこちらです。お腹が空いている方は閲覧注意。残念ながらすぐに売り切れてしまいましたが(笑)、ちゃんと自分で作った商品ですよ。

思っていたよりずっと良かった

 「無料だし、どうせ大したことが出来ないんじゃないの?」という先入観がありましたが、見事に裏切ってくれました。特に良かったポイントを挙げます。

1. FBやってたら本当に早い!

 何かの登録をするにはまずメールアドレス入力・・・が通常の流れですが、私のブラウザに対して行う動作名の中で、一番嫌いなものが「テキスト入力」です。
 おやおや、よく見ればstores.jpはソーシャルログインが出来るではないですか!
 例の青いボタンをクリック・・・すぐ完了しました。なにこれすごい!

    最短2分は誇張じゃない!

2. デザインテンプレが万能!

 考え抜かれたシンプルなショップのデザインテンプレ。困る点がありません。

3. 管理画面がわかりやすい!

 シンプルで直観的に操作できる管理画面、普通この手の管理画面を触っていると説明文で「え?その言い回し?」とつまづく事が多いのですが、テキストも最小限なのに伝わる、極めて優秀なUIです。

どんな人に向いてる?

 設定を確認したり評判を調べたところ「すぐできる系ネットショップASP」に向くユーザー像が分かりました。

  • 販売商品が少なく
  • 単価が高く(=少数販売で商売になる)
  • 既にファンがいる

 例えば、これまで通販をしていない人気ショップ(Facebookいいね!数1000以上)がテストマーケティングをする、といった場合には最適ではないでしょうか。
 Kickstarter等のクラウドファンディングで既に話題が沸騰しているプロダクトを輸入して販売するのも良さそうです。やろうかな(笑)

しかし・・・

 Author欄(スマホは最下段、PCでは右側)にあるプロフィールの通り、私はwebマーケターであり元ECのプロです。
 当然、マーケティングをどうするのか?という視点が気になってしまう訳です。なので、ちょっと意地悪ですが「卒業の条件」も挙げてみようと思います。

ASP卒業の条件

 「すぐできる系」に限って言えば

  • 商品数、オーダー数が増えたとき

 に限界を感じる筈です。目安は1日平均で5件程度のオーダーが入るようになったらでしょうか?帳票(納品書や送り状)の一括出力が不可能なのは痛いです。有料のプラグインで「PDF出力」は可能なようですが。

 ASP全般で言える事は

  • 長期的マーケティング視点がある

 ことが、卒業の条件です。

 独自ドメインは設定できますが、同じドメイン下にメディアを持つことが不可能です。どういう事か、かんたんに説明しましょう。

 SEO(検索エンジン上位表示対策)の大きな指標として「ドメインオーソリティ」というものがあります。これはドメインが持つ「権威=価値」を検索エンジンが数値化したものです。
 例えば「壺」を売りたいのなら「壺の活用方法を提案するblog」を運営する、いわゆるコンテンツマーケティングを同じドメイン下で行う事で、この「ドメインオーソリティ」を高める事ができ、「壺」での表示順位が向上します。もちろんサブドメイン(例:shop.ipservice.jp と www.ipservice.jp)でもオーソリティの相互貢献はありますが、同一ドメイン下(例:www.ipservice.jpのみ)のほうが貢献度合いは強まります。

ドメインオーソリティについて深く知りたい方はこちら(http://seo.tonken.biz/blog/2013/08/25/p061720)が参考になります。なおリンクを利用したSEOはGoogleのガイドラインに抵触するためペナルティを受ける恐れがあり、当社は推奨いたしません。

 ホスティング環境を業者に依存するASPでは、完全な同一ドメインのメディア(blogなど)を持つ事は不可能なのです。

プロ目線の意見としては

 プロのレビューなので辛口なのはご容赦ください。さすがにこの業界で長いので「事業」としてある程度の規模の運営以外は視野に入らないんです。よって

    私が「事業」で使うにはちょっと厳しい

 という評価です。

当社の立ち位置

 実は「すぐできる系ネットショップASP」には、既にクレジット決済の加盟と機能が盛り込まれていて、当社がお役に立てる事はありません。

 しかし「事業」として本気で大きな流通規模を狙う場合であれば、決済代行だけでなく、関連業者のご紹介をなど、お役に立てる事が沢山あります。その場合はぜひ当社までお問い合わせ下さい!

次の記事
MicrosoftのHCE参戦で、涙が止まらない
前の記事
業界で注目の「インターチェンジ・フィー」とは
今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。