こんなとき特に便利

利用者が定期的な支払いをする場合で、一定金額(概ね¥5,000以上)以上の料金の場合は、クレジットカード決済よりも口座振替の方が、手数料がお得です。

とはいえ課金サイクルの柔軟性や結果取得の速さでは、クレジットカード課金の方が優れますので、複合的にご検討いただく事をお薦めいたします。

ケース別のソリューション

はじめて口座振替を導入する

銀行や金融サービス事業者などの収納代行機関に直接申し込む事でも口座振替を導入できますが、当社にご相談をいただく事で以下のようなメリットがあります。
・ご希望のサイクルに沿えるよう、複数の収納代行機関から最適なところをご提案
・審査通過しやすいよう、ビジネスモデル毎に複数の収納代行機関から最適なところをご提案
・解りづらい運用を営業マンが丁寧に説明
様々な面でお力になる事ができますので、他社で審査が上手くいかなかった際も、どうぞご気兼ねなくご相談ください。

店頭窓口がなく郵送で申し込む業種は、登録用紙型の口座振替をお薦めします。

口座振替(登録用紙型)のページヘ

店頭窓口がある場合は、その場で登録結果がすぐ分かる「かんたん登録」が便利です。

口座振替かんたん登録のページヘ

店頭窓口があり、
口座振替登録を手軽にしたい

当社サービス「口座振替かんたん登録」は、店頭窓口に専用端末を設置する事で、その場でキャッシュカードを読み込んで暗証番号を認証する事で、即時口座振替の登録ができるサービスです。
記入間違いや押印間違い、印影不鮮明などで登録失敗する事がなく、未収や督促発生のリスクを低く抑え、顧客満足度を高く保つ事で利用者の継続率を高める事で、貴社のお役に立てます。

口座振替かんたん登録のページヘ

現在使っている収納代行機関からのお乗り換え

当社は複数の収納代行機関との取引があります。
・収納サイクルを見直したい
・引落し手数料を見直したい
・手続きを簡単にしたい
といったご要望も、どうぞご気軽にお申し付けください。

お問い合わせフォームヘ

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。